<   2018年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧
|topに戻る
久しぶりのコンサート
アクロスランチタイムコンサート、年に数回公演されるコンサート、名のあるアーティストの公演だ。この日は『古典芸能はおもしろい?!~古典芸能へのお誘い』
「能楽」では「高砂」、私も能楽は面をつけた本物を2~3回観たことはあるが今回は面をつけていない。結婚式などで耳にしたことがある「高砂やこの浦船に帆を上げて・・・」舞囃子では、住吉明神が世の平安を言祝いで颯爽と舞う舞は息をのむ厳粛な雰囲気でした。

鳴り物は笛・太鼓・大鼓小鼓・三味線・、小鼓などの解説もあり、謳う方も十数人いて総勢では二十数人おられ日本舞踊は長唄「浦島」有名な浦島太郎を題材とした舞踊で、竜宮城から帰った浦島が乙姫を慕いつつ玉手箱を開けると白髪の老人になる筋書。それを踊りで表現する様は見事で、踊りに吸い付けられました。休憩をはさんで能と日本舞踊による「船弁慶」があり、能と日本舞踊が一度に見られる滅多にない有意義な時間に酔いしれた90分でした。
この内容で、ランチタイムコンサートなので料金は千円です
f0156960_1213894.jpg

昨年11月12月に3公演のコンサートのチケットを購入していたのに、11月に家内の入院によって無駄になってしまいました。なぜかというと、11月に孫の七五三の、七つのお祝いに太宰府天満宮にお詣りに行ってみんなで孫をモデルにして、こっち向いて、ここに立って、笑ってと勝手なことを言って孫は一生懸命泣きそうな顔で応えていた。
f0156960_14595532.jpg

本殿でみんなでお参りをして、お札を収めて拝殿で神主さんにお話をいただいて、娘が用意していたお食事処で賑やかに食事を済まして、帰りの駐車場まで行く途中に予期せぬ出来事が起こった。家内が何かに躓いたらしく、コンクリートに強烈に膝を打ちつけて、すごく痛むので、救急車も考えたが、家に着くまで我慢したが耐えられずに、救急車で病院に運ばれて診察の結果、膝蓋骨折(膝のお皿が数枚に割れている)とのことで即入院になった。
40日ほどで退院できたがお皿に金具が入っているので、未だに少し痛むらしい。5~6か月後に金具をとる手術をするまで頑張るしかない。天神くらいまでなら、杖を付いて何とか歩けるようになったのでまづは一安心です。それにしても、幸不幸は先が見えないだけに用心が大切だ。
[PR]
by tetsu807-2 | 2018-01-20 12:24 | Comments(6) |topに戻る