阿蘇神社の火振り神事&阿蘇 大野勝彦美術館 13 3/19
阿蘇の火振り神事 初めて見てきました。パンフレットには松明の大きな炎が
回っていましたが、実際は思ったほどはなかったと、言ってもやはり素晴らしい
炎の祭事でした。

翌日は、曇天模様のお天気で阿蘇の雄大な眺望は望めませんでしたので
風の丘 阿蘇 大野勝彦美術館 雄大な阿蘇の千里が原の付近に
建てられた美術館で、農作業中トラクターに挟まれ両手を切断され、
その3日目には絵筆を手に括り付けて詩画を描き、詩画集を出版 10年前に
『風の丘 阿蘇大野勝彦美術館』オープンさせた。

f0156960_11211363.jpgf0156960_11222474.jpg

R57線沿いには阿蘇名物の高菜めしの店が何軒かあるようだが、以前より
この2軒にファンが分かれる。
f0156960_11254229.jpg

         ちょうど高菜の収穫があっていた。見渡す限りの高菜畑。
f0156960_11313212.jpg

阿蘇神社の楼門は日本三大楼門
f0156960_1135524.jpg

姫神様を迎える神事があり、藁に火をつけて振り回す火振り神事が始まった。
一般の人も参加でき、順番に火を振り回す。思ったよりも簡単にできた。
f0156960_1136112.jpgf0156960_1137311.jpg


f0156960_11514141.jpgf0156960_115231100.jpg

義手は詩画を描くとき、車を運転するとき、釣りをするときなどなど何種類もの義手が必要で、その都度取りかえるそうだ。2階のかなり広いスペースに詩画がびっしり展示してあり、時間をかけてゆっくり鑑賞できた。(勿論撮影禁止)
f0156960_11542492.jpg

両手とも義手なのに器用に義手で筆を持ち詩画を描く。残念ながら義手の部分が写真に全部撮れていない。本を買った人に絵入りのサインをしているところ。
[PR]
by tetsu807-2 | 2013-03-21 10:14 | Comments(0) |topに戻る


<< お彼岸参り&筑後吉井ひなまつり... あんずの花が満開   13  ... >>