46年振りの皆既日食 09 7/22
背振少年自然の家まで出かけ46年ぶりの皆既日食をを観察した。
午前10時50分過ぎ世紀の一瞬を興奮しながら迎える。遂に欠け始め90%以上欠けたときは、やや薄暗く、そして寒さを感じた。後のニュースによると温度が2度下がったそうだ。数日前の天気予報では福岡は曇りでがっかりしていたが、薄雲はかかっていたものの幸運にもバッチリ見ることが出来た。
f0156960_1133974.jpg
野芥から大門 椎原 背振ダムのほうに進み、右に左にを40箇所くらいカーブを曲がり
やっと自然の家に着く


f0156960_11343364.jpg
初めて訪れたが、建物も結構
大きくいろんな施設があった。研修施設、宿泊施設など。



f0156960_1135266.jpg
いろんな標本などもたくさん展示されていた。




f0156960_12152527.jpg

観察に関しての説明や注意などがあり、屋上に上がる。

f0156960_12171235.jpgf0156960_12174910.jpg

  太陽と 月と 地球のおりなす不思議に改めて感動。
f0156960_12195242.jpg

次回の日食は26年後、自分の年プラス26=う~ん100%無理な話。今回が生涯最後の日食観察になりました。
[PR]
by tetsu807-2 | 2009-07-24 12:36 | Comments(0) |topに戻る


<< 室見川の氾濫  0... ハマボウ観賞  09 07/19 >>