ダイハツトーテム 福岡公演
シルク・ドゥ・ソレイユは世界から高い評価を得ている。それは世界が認めるエンターティメント
集団。カナダケベックで誕生したシルク・ドゥ・ソレイユ。人間の限界を超えた究極のアクロバットサーカスを超えたサーカス。
トーテムとは、不可能を可能にし続ける“人類の進化”をテーマにした壮大な物語。

今まで観たサーカスは像やライオン、トラなどの猛獣が主役だが、トーテムは人間のみの
エンターティメント
盛んな新聞やtvの広告に誘われたわけではないが、見てみたい欲望と好奇心に駆られて行ってきました。

f0156960_14135142.jpgf0156960_14151017.jpg


会場内の、お土産や飲食の店やドリンク関係など、若い方で賑わっていた。

f0156960_14235182.jpgf0156960_14243851.jpg


f0156960_1434846.jpg

f0156960_14364718.jpg

当然のことながら、エンターティメントは撮影禁止。ネットより借用しました。
f0156960_14375447.jpg

f0156960_1439366.jpg

f0156960_1511358.jpg

[PR]
# by tetsu807-2 | 2017-03-18 15:05 | Comments(0) |topに戻る
可愛いピアニスト
孫娘のピアノ発表会に出かけた。最近は電話だけで、会っていなかったので成長ぶりも見たくて
久しぶりに会う。ちょうどリハーサル中で、20分後に出番を控え、少しぐずっているみたいだ、
ママも心配そうだ。13時、発表会は始まった。出演者の子供たちは一番前列の椅子に座り順番を待つ。孫娘は四番目に壇上に上がり、客席に向かって一礼する。拍手を浴びて椅子に座る。親たちが視線と耳を集中する瞬間だ。リハーサル中とは違いうまく弾けている。お互いに胸を
なでおろす。ただ、園児年長者なので曲の時間は短いが、やるときにはやるものだと感心した。

f0156960_11413511.jpg

f0156960_11431983.jpg
                 
小学生低学年は曲目もそれなりに、時間も少し長く
演奏していた。

                  
                                   f0156960_1150529.jpg

                               






孫娘の出番が終わればすぐ帰ろうと思っていたが、そういう                               わけにもいかず、又皆さんの演奏を聴いていると
つい、聞き入ってしまい最後の講師の先生方の演奏まで聴                               いっていました。

f0156960_11534838.jpg

f0156960_11555696.jpg

                     福岡女学院ギール記念講堂
f0156960_11572469.jpg

[PR]
# by tetsu807-2 | 2017-03-08 12:11 | Comments(0) |topに戻る
声楽家のコンサート
想い出の詩コンサート 声楽家5人のコンサート ソプラノ家田紀子 ソプラノ天野聡絵 メゾソプラノ錦織まりあ テノール黄木透 バス目黒知史 ピアノ吉田彩 ピアノ大澤徹訓 5人の声楽家がまるで楽器を奏でるような美しい声で、また声量のある素晴らしい声で、日本の心の故郷を唄う。これはもうたまらない時間でした。 

第一部 うれしいひなまつり・ 赤い靴・ 七つの子・ 十五夜お月さん・ あんたがたどこさ 
通りやんせ・ どじょっこふなっこ・ 江戸の子守歌・ 朧月夜・ 海 旅愁・ 雪山賛歌・ 赤とんぼ・ ペチカ・ 花 
第二部
みかんの花咲く丘・ 雪の降る街を・ あざみの歌・ 学生時代・ 白いブランコ・ この野原いっぱい・ 
銀色の道・ 夜明けの歌・ 川の流れのように・ 見上げてごらん夜の星を

f0156960_17511891.jpg

声楽家による故郷の歌 どの歌も一曲 一曲が想い出のある曲で2時間弱、心の栄養になりました。このようなコンサートははじめてでした。


この日はバレンタインコンサートに出かけました。
本田俊之バレンタインコンサートです。


年に数回のアクロスランチタイムコンサートです。ランチタイムですから12時から1時間の
コンサートです。

料金は1000円で、会員は900円です。安い料金で、一流のアーティストをというのがコンセプトのようですこの日はなんと、3階席まで満席です。普通は1階席のみですが、3階席まで使うことは少ないです。

f0156960_11502566.jpg

本田俊之サックス奏者・作曲家をはじめ、サックス奏者5人とピアノの構成 充分にサックスの曲を堪能した後にスペシャルゲストに、宮本信子「マルサの女」など多数の最優秀主演女優賞・舞台テレビ・jazz・liveにも活動の場を広げている。その宮本信子の歌あり、本田俊之とのおしゃべりなどやアンコールなどで1時間はとっくに過ぎて大サービスのコンサートでした。



[PR]
# by tetsu807-2 | 2017-02-21 18:07 | Comments(0) |topに戻る
こんな坂 あんな坂 まさか
この歳になると、思いがけないことを体験する。まさかである。2~3日前から風邪気味かな、
でも、2か月前に久しぶりの風邪を引いたばかりなのに・・と思いながらも病院に行くと、即座に鼻の穴に細い棒のようなものを突っ込み、インフルエンザです・・と言われインフルエンザA型の検査キットを見せられた。そして、タミフルを1錠すぐ飲まされた。エ~風邪はひいても予防注射は毎年しているし、インフルエンザとは無縁と思っていたのでショックでした。

f0156960_16214100.gif
 見せられたものとは違います

その日と、翌日は、熱が上がったり、下がったりして、結構しんどい時間を過ごしました。それと食欲が極端に無くなり睡眠もとれず、二晩は大変でした。 

日頃丈夫な家内もおかしくなり、病院に行くと案の定インフルと診断されて、二人同時でなかったことが幸いでした。私の場合、体調が低下気味なので病魔に隙を見せたのだと思います。
[PR]
# by tetsu807-2 | 2017-02-16 13:55 | Comments(0) |topに戻る
旅から芸術鑑賞へ
旅は、私の中で最高のレクリエーションです。以前は旅と言えば車中泊ドライブが定番でした。
何故ならば、宿に予約することもなく、思い立ったら吉日でスタートできる。
運転は好きな方で、数人で乗ってもほとんど自分で運転している。といっても運転は決してうまい方ではないと思うが、自分で運転した方が楽しいのだ。

ところが、この歳になると遠距離はいささか自信がなくなり、旅行社のツアーなどに参加していたが腰部のトラブルで、それもできなくなり、楽しみがだんだん狭まれてきた。

その中で、芸術音痴、音楽音痴ながら、それなりに楽しみを見つけて生きがいに感じている。先日は、アクロスシンフォニーホールで≪めざましクラシックスin福岡≫バイオリニスト高嶋ちさ子と軽部真一アナウンサーの絶妙なコンビネーションと、おしゃべりも交えてバイオリン、ヴィオラ、チェロ、ピアノの演奏は楽しい時間を堪能した。
f0156960_1636021.jpg

ロコモには気を遣い、ロコチェックは片脚立ちで靴下履きがうまくいかなくなってきた。できる範囲のストレッチはかかさずやっているのだが、・・・
[PR]
# by tetsu807-2 | 2017-01-30 16:27 | Comments(0) |topに戻る