トップ画像とタイトル変更
マイカーを人手に渡して10日余り、50数年ハンドルを握り、仕事にレジャーに乗り回して過ごしてきた車が急に無くなると、空虚な気持ちになった。駐車場は空車のままは分かっているのに
階上からつい、目が行ってしまう。

友人の一人は、傘寿になってあっさり車を手放し、また一人の友人は車を持って行かれる時は涙が出た、と言っていたが私もその一人だった。洗車は済ませていたので、その日は車の内装に掃除機をかけて、楽しませてくれてありがとうと、礼を言った。

さて、山登りも体力が追い付かず、免許証も返上して車を手放した今、ウオーク&カーライフ
いうタイトルがいささか、合わなくなったので、トップ画像を変えたいのだが、悲しいかなその
やり方を忘れてしまっている。でも、変えたい!!

そこで助っ人に相談してトップ画像とタイトルを変えることに成功した。私の拙いブログではあるが、ボケ防止になればと思い、できれば余生の趣味として続けていきたいと思っている。

トップ画像は、3年前に佐賀インターナショナルバルーンフェイティバルに行った時のものだ。
若い時代は忙しく動き回ったので、ゆっくり過ごしたいと思い、タイトルも《ゆっくり歩こう》にした。

今後ともよろしくお付き合いのほど、おねがいします。
[PR]
# by tetsu807-2 | 2017-08-10 17:18 | Comments(5) |topに戻る
ついに、その日が来ました
明日28日はボクシーと別れの日だ。これまで今月に入り、行きたいところを選んで訪れたが、ついにその日がやってきた。ここも車がなくなると行くことはなくなるだろう。アイランドシティを通ってリニューアルになった
マリンワールド海ノ中道に直行した。久しぶりの水族館だ。

バスで到着した100人を超す園児たちと一緒になったので、館内はさぞ、園児たちでにぎやかだろうと、思ったが、その園児たちの姿は退館するまで見ることはなかった。これはどういうこと??勿論、一般の観客はファミリーや子供で館内はいっぱいで賑やかだった。

f0156960_11172077.jpg

f0156960_11184738.jpg

f0156960_1122494.jpg

f0156960_11244765.jpg

       ここまで来たので、志賀海神社に参拝して、10キロ走って島を一周する。
f0156960_13362389.jpg

f0156960_1337102.jpg

博多湾の総鎮守として篤く信仰されてきた志賀海神社

最後は、世界遺産に登録された宗像大社には、もう一度参拝したいと思い、少し遠距離だったが実行できて思いが叶った。この日は福岡ではこの夏一番の暑さで36度から34度という猛暑で、夕方も34度より下がらない暑さの中、長い参道を高宮斎場まで腰をいたわりながらの参詣だった。

f0156960_15111611.jpg

f0156960_1511597.jpg

f0156960_15125241.jpg


f0156960_15145738.jpg

        本殿 辺津宮
f0156960_1519256.jpg


       第二宮 第三宮は工事中でした
f0156960_15213371.jpg

                               
f0156960_15224379.jpgf0156960_15231755.jpg
  冬の参詣なら良い運動になるかも・・・
f0156960_15433449.jpg

    
    高宮斎場
宗像三女神の降臨地とされている 沖ノ島と並び我が国の祈りの原型を今に伝える全国でも
数少ない古代斎場


                        
[PR]
# by tetsu807-2 | 2017-07-27 12:14 | Comments(6) |topに戻る
ドラケンスバーグ少年合唱団
◆ドラケンスバーグ少年合唱団南アフリカ東南部クワズール・ナタール州、ドラケンスバーグ地方の中部にある全寮制の音楽学校、ドラケンスバーグ少年合唱学校。同校に在籍する生徒たちで構成される、1967年創立という歴史的な合唱団です。南アフリカ全土で行われたオーディションによって選出された、10歳から15歳までの生徒約100名が同校に在籍しており、雄大な自然環境の中で、日々一般教養や音楽を学びながら、寄宿生活を続けています。

そんな少年たちのパフォーマンスは、日本でもよく知られるウィーン少年合唱団やテルツ少年合唱団といった、世界の名門合唱団に一歩も引けを取らない実力。92年にポーランドで開催された「世界少年合唱団フェスティバル」では、初参加ながら他の名門合唱団を押え、見事“最優秀”の栄冠に輝きました。
毎週水曜日の校内定期公演をはじめ、年間平均40本ほどのコンサートをこなしている彼ら。海外での活動経験も豊富で、日本以外にアメリカ、イギリス、オーストリア、フランスなど数多くの国々でツアーを展開し、輝かしい実績を残しています。

f0156960_1123878.jpg

(ここまではインターネットより引用させていただきました)

今日もボクシーとの、残り少ない一日を過ごそうと思っていてふと、メモを見てコンサートの日だったことを思い出して、危うくチケットを無駄にするところだった。

ウイーン少年合唱団には二回とパリの木の十字架少年合唱団と、ドラケンスバーグ少年合唱団と少年合唱団には興味を持って観に行きました。今日の公演も期待通りの素晴らしいコンサートで、少年がゾロゾロと35名がステージいっぱいに広がり、ピアノとエレキギターと太鼓など楽器も加わりにぎやかなステージになりました。最初は宗教曲から現代曲そして日本の歌、紅葉や
村祭り、花は咲く。
アフリカの少年合唱団らしい歌声 豊かな自然に恵まれたアフリカ 異なる人種の人々 
多種多様な動物その中の合唱団に充分に堪能しました。

20分の休憩をはさんで2部は、歌と手と足と体の動きをステージ全体を使いアフリカの躍動感のあるステージで、角(ツノ)を目当てに密猟され、絶滅の危機に瀕し、深刻な脅威にさらされている動物「サイ」に焦点をあてたプログラムでアフリカの民族楽曲の歌とパフォーマンスを交えた躍動感あふれるステージはすごいものでした。3階席まで満席の観客も総立ちになり手拍子で参加しました。
[PR]
# by tetsu807-2 | 2017-07-23 11:58 | Comments(0) |topに戻る
もうすぐ、ボクシーとお別れ
車があるうちに行きたいところを、日記メモを見ながら絞り込むが、行きたいところは遠距離が
多い。しかし遠距離はやめておこうとなると、日中の日帰りとなり、そうなると近郊で行っておきたいところとなり、雷山千如寺を選んだ。
知る人ぞ知る樹齢約400年といわれる楓の大木は福岡県の天然記念物に指定されている。
雷山に登るときは千如寺に遠慮がちに止めさせていただいている。(登山者は遠慮くださいと書いてあるので)紅葉時は何回となく、素晴らしい紅葉を見せていただいているが、昨年は駐車場が満杯で長い長い列ができて待ち時間が2時間と聞いてUターンして帰ったことがあり、今回は久しぶりの雷山千如寺だった。
なんと、素晴らしい緑葉だ、紅葉に勝る緑葉だ。しばしグリーンの楓を違う角度からカメラに収め、拝観へと進んだ。
f0156960_1322196.jpg

f0156960_13244921.jpg

千手千眼を持たれる観音様 身長4m63の大きさに圧倒される。住職が太鼓をたたきながら
お経も唱えながら説明をしてくださった。
f0156960_13291685.jpg

f0156960_1334303.jpg


次に選んだ前原の滝の白糸、近くまではスムースに進んだものの駐車場近くになると、長い長い列で先が見えない中を辛抱強く待ってやっとのことで、白糸の滝に再会してヤマメの定食で腹ごしらえした。
f0156960_14225286.jpg

f0156960_14241318.jpg

f0156960_1425933.jpg

ヤマメが輪を描きながら泳いでいる。その中に釣り糸を垂れている親子の釣り人が多い。結構釣れるものなんだろう?釣竿が1本2000円なのだが夏休みの親子のよいコミュニケーションだ。

[PR]
# by tetsu807-2 | 2017-07-19 12:14 | Comments(0) |topに戻る
二見ケ浦の夫婦岩 最後のドライブ
免許証返納が近づくにつれ、車に乗れるうちに行っておきたいところが数えきれないほどある、といっても日数にも限りがあるし、5日よりの福岡大分など九州の記録的豪雨で、濁流に家や車が流され大惨事が起こっている。TVでその映像が引き続いて流されている中でドライブに出かけるのは気後れするが、福岡市は午後から晴れ間も出てきたので、ここは割り切ってスタートした。

西の方に進路をとるときは、出雲大社福岡分院の近くを通りながら通過していたのだが、
今日は参拝に訪れた。
f0156960_14414950.jpg

f0156960_1443121.jpg

     立派な神殿で、神妙に二礼四拍手一礼して参拝した。
f0156960_14443364.jpgf0156960_1445226.jpg
出雲大社福岡分院は縁結びの神、福の神として知られる、出雲大社の祭神で大国主の大神の
分霊を祀る出雲大社の分院として明治28年現在の中央区大手門付近に移し、昭和20年6月
福岡大空襲で罹災しすべての建造物を消失 昭和48年4月現在の福岡市西区今泉町に再建された。

f0156960_1535351.jpg
f0156960_15365888.jpg

ここ、二見ケ浦の夫婦岩は何度となく遊びに来たところで、友人、知人、山仲間などいろんな方と
来たところで想いでもいろいろだ。

コ-ヒーブレークしたいと海側の店に入ってみた。店内は若いカップルや肌を露出した若いピチ
ピチ女の子で、いっぱいだ。じいばあは若い雰囲気を楽しむか、遠慮するかだが、遠慮することにしてコーヒーもそこそこにして出てきてしまった。でも、出てきてから・しまった!!雰囲気を楽しめば少しくらい若返ったかもしれないのに・・・。
f0156960_1662124.jpg

f0156960_167527.jpg

♪この道はいつか来た道・ではなくて、もう来ない道になってしまった。もし、今度来るときは
もうハンドルは握れない、助手席に座って眺めることになるだろう。

[PR]
# by tetsu807-2 | 2017-07-09 22:52 | Comments(0) |topに戻る