<   2017年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧
|topに戻る
旅から芸術鑑賞へ
旅は、私の中で最高のレクリエーションです。以前は旅と言えば車中泊ドライブが定番でした。
何故ならば、宿に予約することもなく、思い立ったら吉日でスタートできる。
運転は好きな方で、数人で乗ってもほとんど自分で運転している。といっても運転は決してうまい方ではないと思うが、自分で運転した方が楽しいのだ。

ところが、この歳になると遠距離はいささか自信がなくなり、旅行社のツアーなどに参加していたが腰部のトラブルで、それもできなくなり、楽しみがだんだん狭まれてきた。

その中で、芸術音痴、音楽音痴ながら、それなりに楽しみを見つけて生きがいに感じている。先日は、アクロスシンフォニーホールで≪めざましクラシックスin福岡≫バイオリニスト高嶋ちさ子と軽部真一アナウンサーの絶妙なコンビネーションと、おしゃべりも交えてバイオリン、ヴィオラ、チェロ、ピアノの演奏は楽しい時間を堪能した。
f0156960_1636021.jpg

ロコモには気を遣い、ロコチェックは片脚立ちで靴下履きがうまくいかなくなってきた。できる範囲のストレッチはかかさずやっているのだが、・・・
[PR]
by tetsu807-2 | 2017-01-30 16:27 | Comments(0) |topに戻る
ミュージカル『ウエストサイド物語』
ダンスは、ストリートダンスもあれば、フラメンコ、サンバ、フラダンス、バレエ、宝塚歌劇
レビューの優雅なダンスなどいろんなジャンルがある。
f0156960_15123663.jpg

ミュージカル『ウエストサイド物語』のダンスはエネルギッシュで、ダイナミックで圧巻で2時間半の
観劇は素晴らしい時間だった。チケットをゲットして待ち長い日々だったが、今まで観たことがないダンスだった。
f0156960_15174334.jpg

f0156960_15323159.jpg

あらすじは、1950代後半のニューヨーク、移民や低所得者たちの町ウエストサイドでは、貧困と差別の中、若者たちが縄張り争いに明けくれる荒廃した日々を送っていた。自分たちの境遇と、自分たちを追い込んだアメリカ社会へ強い反発を感じながらも、若者たちは抑えようのない苛立ちを、非行や暴力という形でぶつけるほかなかった。物語は、そんな彼らの鬱屈したエネルギーが発火点に達した瞬間から始まった。
f0156960_1535714.jpg

画像は勿論ネットより借用 
[PR]
by tetsu807-2 | 2017-01-14 15:40 | Comments(0) |topに戻る
レンタルカー(歩行器)で一日一社で三社詣り
正月三日、やはり今年も一番は飯盛神社、近くでもあり飯盛山登山で守っていただいたから。
いつもの駐車場は満杯なので、かなり下の臨時駐車場。ここから初めて使うレンタカー、人に見られるのがなんとなく恥ずかしい・・けど、人は障害者的に見てくれるので、恥ずかしいのは自分の気持ちだけだ。参道は長い行列が続き神殿に着くまでに1時間を要した。

f0156960_1043828.jpgf0156960_1052458.jpg


f0156960_1093627.jpg

出来るだけ目立たないように小さめのを選んだが、少し使い辛かった。今後長くお世話になるようだともう少し大きめのものをレンタルした方が良いようだ。


正月四日、二社目は護国神社、神社の前の有料パーキング3日までは無料だったそうだ。
ここから神殿までレンタカーを押しての道のりは、境内が広く砂利道なので遠く感じた。本来なら境内をゆっくり散策するのだが・・・
f0156960_1027818.jpg


正月五日、三社目は宮地嶽神社、二年前、八方塞を無事に難を避けていただいた宮地嶽神社に参拝。1時間余りで神社近くまで着き、2キロくらいの地点まで来て車の流れがぱったり止まった。長い長い車の行列が続き、ここからなんと駐車場まで1時間半を要した。

f0156960_11385849.jpg

f0156960_11392647.jpg


予想だにしていなかった、歩行器を押しての三社詣り人生の生涯に何が起こるかわからない。でも、この歳までそれなりに元気で楽しませていただいたのだから、このくらいは甘んじて受けよう。そしてレンタカーなしで歩けるように頑張ろう。
[PR]
by tetsu807-2 | 2017-01-08 11:32 | Comments(0) |topに戻る