カテゴリ:未分類( 306 )
|topに戻る
日帰りツアー
マイカーでドライブしていた場所には日帰りバスツアーを利用して、今回は久しぶりに大観峰で雄大な阿蘇を一望して、目的の鍋ケ滝を見てきました。

f0156960_1411658.jpgf0156960_1430365.jpg

    














石段が何段あるのか失念したが、何百段も有りそうなので、私はここでリタイアして同行者に
カメラを預けて上の拝殿などは撮ってきてもらった。
100基近くの灯篭が並び壮観で、幻想的な神社でした。阿蘇神社が色濃く残る阿蘇郡高森町に
鎮座している神社です。阿蘇に幾度も来ているのに、この神社の存在を知りませんでした。

f0156960_15252350.jpgf0156960_15114155.jpg

 








伊邪那岐命 伊邪那美命 石君大将軍を祀る
上色見熊野座神社(かみしきみくまのいますじんじゃ)


社殿の奥には阿蘇神社の鬼八法師が蹴破ったと伝わる巨大な風穴がある。

f0156960_1548091.jpg

          大観峰と阿蘇五岳  阿蘇の大地に横たわっているような涅槃像
f0156960_1549063.jpg


f0156960_1553184.jpg

 鍋ケ滝  (裏見の滝ともよばれる) 噴火による火砕流は、小国町付近にも広く堆積していて、
 鍋ケ滝はその火山灰が凝結した固い岩石でできており、長い年月をかけて岩石下の柔らかい
 地層が水に削られ、現在のような滝裏の空間が生まれたようです。
f0156960_1554372.jpg

[PR]
by tetsu807-2 | 2017-10-09 16:15 | Comments(6) |topに戻る
サザエさん
免許証返上して2カ月余り、バスと地下鉄で外出することもだいぶん慣れてきた。ただ、バスは時間通りに来てくれないことも多く、待ち時間は辛抱しなければならない。マイカーだと、即、
スタートできるのにと、未だに思ってしまう諦めの悪い性格のようだ。どんなにもがいても生涯
ハンドルを握ることはもうないのに。

最近はバス電車で満席の場合、どうぞ変わりましょうと席を譲られることが多くなった。ほとんどは遠慮するのだが、長く立っていると腰が痛むのでたまにはお言葉に甘えることもあるのだが、明らかに年寄りに見られているからに他ならない。

自分ではそこまで年寄りとは思ってないのに、他人が見る目の方が確かなのだろう。一つには髪の毛が白いからなのだろうか。年寄りの年代に違いないのだから仕方がない。でも、席を譲ったことはあったが、譲られるほど年寄りになったのかと戸惑う。年寄りになったことは、ここまで長生きできたことだから感謝しなければならないのだろう。

f0156960_17405461.jpg

 地下鉄西新駅で降りて、福岡市西新町のサザエさん通りを少し歩いてみた。
f0156960_18112911.jpg

 西南学院大学図書館前のサザエさんのモニュメント 図書館をガラス越しに覗いてみると
 結構多くの学生さんが三々五々 書物に目を通していた。
f0156960_18121027.jpg

[PR]
by tetsu807-2 | 2017-10-04 18:28 | Comments(6) |topに戻る
娘たちに誘われて
敬老の日だからと、言うわけでもないが、どこか行きたいところがあれば一緒に行こうかと、娘の誘いがあり、道の駅原鶴のひまわりを見に行った。ここは郷里に比較的近いことでもあり何度も来ているが、娘たちも即OKで久しぶりに広大なエリアのひまわり園で楽しんだ。昨日まで台風が危ぶまれていたが、予報通り朝から晴れあがり台風一過の良いお天気になった。

運転は婿に任せ、孫娘との会話や宿題の音読を聞いたりしたが園児当時とは違い、小学一年生に成長していた。二年、三年と成長して時代も変わっていくと思うが、どう対応していくのかジイ
いつまでもいないので、気がかりでもある。
それにしても、娘たちの車に乗せてもらうことは必然的には分かっていたものの、予想はしたことはなかった。でも、おかげで久しぶりにマイカー気分で楽しい一日を過ごすことができた。

f0156960_13562661.jpg

台風一過で晴れあがり祝日でお休みが今日までとあって、一斉に人が押し掛け店内は買い物客で満杯で食欲の秋でもあり、野菜はもちろん葡萄や柿の種類が豊富でリンゴや栗と果物が、買い物かごにどんどん入れられる。
f0156960_13573681.jpg

 1.6ヘクタールの広大なエリアに咲くひまわりは壮大な眺めだった。ただ、少し残念なのは
 雨上がりだったためだろうか?やや下向きに咲いていたことだ。
f0156960_13592717.jpg

f0156960_14314039.jpg

ひまわり一綸50円で切り花を売っている。 ハサミが置いてあり自分でカットできる。結構かさばるので3綸くらいをひとくくりで買う人が多く、水切りして新聞紙を濡らしてビニールで包んでくれる。我が家も4セット買い、ご近所さんへ3か所。 今、2輪のひまわりで部屋を陽気にしてくれている。
f0156960_14322935.jpg

 自分でカットすると言って花を選んでいる
f0156960_14362393.jpg

帰り道、疲れ気味だったが孫の要望で、如意輪寺 通称かえる寺に寄ったが、ここも駐車を
しばらく待ってやっと止められたほど、多かった。大小、いろんな素材のカエルが所狭しと置いてある。
f0156960_14542027.jpg

f0156960_15143563.jpg

[PR]
by tetsu807-2 | 2017-09-19 12:23 | Comments(6) |topに戻る
ディズニー・オン・アイスinマリンメッセ
フイギュアスケート競技大会やスケートショーなどTVでは何度も見ているが、スケートのナマのシヨーを見たことがないので、氷上でさっそうと滑る姿や3回転4回転などの難度の高いショーを、一度見て見たいと思いだいぶん前にチケットを手に入れていた。
行く前になってネットで調べてみると、ディズニーのキャラクターによる「アナと雪の女王」がメインストーリーになっていることが分かった。会場に着くとお母さんと可愛いドレスを着た女の子の姿が多く目についた。

思った内容とはちょっと違い、子供のためののショーであることに気が付く。会場を見渡してもお母さんと女の子やお父さんと女の子や若い方が主客で、家族とばあちゃんはいたものの老夫婦は見かけない。
でも、終わってみると楽しかったし、気分はだいぶん若返ったような気がする。マリンメッセまでのバスが渋滞してノロノロ運転で1時間かかり、これが一番疲れた。
f0156960_1514012.jpg

   ディズニー関連の土産物に人だかり どれもこれもえーっと思うほど高い でも親は・・・
f0156960_15234129.jpg

   撮影は勿論OKで遠慮なく撮れたが、スケートの動きが速いので追い付いていけない
f0156960_1553976.jpg

f0156960_158112.jpg

f0156960_1510146.jpg

f0156960_2329773.jpg

f0156960_1514680.jpg

f0156960_1519398.jpg

          アナと雪の女王の一場面
f0156960_15213419.jpg

[PR]
by tetsu807-2 | 2017-08-27 15:41 | Comments(6) |topに戻る
交通機関で初めてのお盆参り
お盆の15日は例年お盆参りで里帰りする。本来ならマイカーでスタートして、door to dooorでこんにちはとなるのだが、今からはそうはいかなくなった。まず、バスで天神へ西鉄福岡駅から特急電車で久留米駅下車それからバスに乗り換えて我が家へ着く。
f0156960_1505812.jpg

仏壇にお参りを済ませて、近くに身内が数件あるので粗品を供え仏壇に手を合わせる。
ソーメンにだんごにおにぎり煮物など軽くランチして、みんなでお寺にお詣りに出かける。今まではマイカーに乗せて行ったのだが、今回は乗せてもらう側になった。

朝倉の三連水車は何度も行っているが、今度の豪雨の水害で流木などが突っ込み、動かなくなっていたのがボランティアなどにより、作動できるようになったとニュースで聞いていたので、
お寺の帰りに連れて行ってもらった。ところがびっくり、まだこのような状態。
f0156960_1554242.jpg

f0156960_1562542.jpg

これは想定外、みんなでエーツと顔を見合わせる。泥の中に頭を突っ込んだ車もそのままに
なっていた。薄曇りのお天気だったのが、雨がだんだんひどくなりどしゃ降りになった。こんな
どしゃ降りは久しぶりだったが被災地のどしゃ降りはこんなものではなかったのだろう。
f0156960_158048.jpg

もう帰ろうと思ったが、みんなもせっかく来たのでと、土砂降りの中を傘をさして何とか数枚撮ることができた。
筑後川を挟んでうきは市側はほとんど被害がなく反対側の朝倉市や東峰村の被害が甚大だった。
f0156960_151041100.jpg

f0156960_1511714.jpg

帰ってみんなで早めの夕食をいただく、車で来ている運転者はノンアルのビールだが、今回は
 ノンアルではなく堂々とビールが飲めたことに喜ぶことにしょう。
[PR]
by tetsu807-2 | 2017-08-16 15:47 | Comments(6) |topに戻る
トップ画像とタイトル変更
マイカーを人手に渡して10日余り、50数年ハンドルを握り、仕事にレジャーに乗り回して過ごしてきた車が急に無くなると、空虚な気持ちになった。駐車場は空車のままは分かっているのに
階上からつい、目が行ってしまう。

友人の一人は、傘寿になってあっさり車を手放し、また一人の友人は車を持って行かれる時は涙が出た、と言っていたが私もその一人だった。洗車は済ませていたので、その日は車の内装に掃除機をかけて、楽しませてくれてありがとうと、礼を言った。

さて、山登りも体力が追い付かず、免許証も返上して車を手放した今、ウオーク&カーライフ
いうタイトルがいささか、合わなくなったので、トップ画像を変えたいのだが、悲しいかなその
やり方を忘れてしまっている。でも、変えたい!!

そこで助っ人に相談してトップ画像とタイトルを変えることに成功した。私の拙いブログではあるが、ボケ防止になればと思い、できれば余生の趣味として続けていきたいと思っている。

トップ画像は、3年前に佐賀インターナショナルバルーンフェイティバルに行った時のものだ。
若い時代は忙しく動き回ったので、ゆっくり過ごしたいと思い、タイトルも《ゆっくり歩こう》にした。

今後ともよろしくお付き合いのほど、おねがいします。
[PR]
by tetsu807-2 | 2017-08-10 17:18 | Comments(5) |topに戻る
ついに、その日が来ました
明日28日はボクシーと別れの日だ。これまで今月に入り、行きたいところを選んで訪れたが、ついにその日がやってきた。ここも車がなくなると行くことはなくなるだろう。アイランドシティを通ってリニューアルになった
マリンワールド海ノ中道に直行した。久しぶりの水族館だ。

バスで到着した100人を超す園児たちと一緒になったので、館内はさぞ、園児たちでにぎやかだろうと、思ったが、その園児たちの姿は退館するまで見ることはなかった。これはどういうこと??勿論、一般の観客はファミリーや子供で館内はいっぱいで賑やかだった。

f0156960_11172077.jpg

f0156960_11184738.jpg

f0156960_1122494.jpg

f0156960_11244765.jpg

       ここまで来たので、志賀海神社に参拝して、10キロ走って島を一周する。
f0156960_13362389.jpg

f0156960_1337102.jpg

博多湾の総鎮守として篤く信仰されてきた志賀海神社

最後は、世界遺産に登録された宗像大社には、もう一度参拝したいと思い、少し遠距離だったが実行できて思いが叶った。この日は福岡ではこの夏一番の暑さで36度から34度という猛暑で、夕方も34度より下がらない暑さの中、長い参道を高宮斎場まで腰をいたわりながらの参詣だった。

f0156960_15111611.jpg

f0156960_1511597.jpg

f0156960_15125241.jpg


f0156960_15145738.jpg

        本殿 辺津宮
f0156960_1519256.jpg


       第二宮 第三宮は工事中でした
f0156960_15213371.jpg

                               
f0156960_15224379.jpgf0156960_15231755.jpg
  冬の参詣なら良い運動になるかも・・・
f0156960_15433449.jpg

    
    高宮斎場
宗像三女神の降臨地とされている 沖ノ島と並び我が国の祈りの原型を今に伝える全国でも
数少ない古代斎場


                        
[PR]
by tetsu807-2 | 2017-07-27 12:14 | Comments(6) |topに戻る
ドラケンスバーグ少年合唱団
◆ドラケンスバーグ少年合唱団南アフリカ東南部クワズール・ナタール州、ドラケンスバーグ地方の中部にある全寮制の音楽学校、ドラケンスバーグ少年合唱学校。同校に在籍する生徒たちで構成される、1967年創立という歴史的な合唱団です。南アフリカ全土で行われたオーディションによって選出された、10歳から15歳までの生徒約100名が同校に在籍しており、雄大な自然環境の中で、日々一般教養や音楽を学びながら、寄宿生活を続けています。

そんな少年たちのパフォーマンスは、日本でもよく知られるウィーン少年合唱団やテルツ少年合唱団といった、世界の名門合唱団に一歩も引けを取らない実力。92年にポーランドで開催された「世界少年合唱団フェスティバル」では、初参加ながら他の名門合唱団を押え、見事“最優秀”の栄冠に輝きました。
毎週水曜日の校内定期公演をはじめ、年間平均40本ほどのコンサートをこなしている彼ら。海外での活動経験も豊富で、日本以外にアメリカ、イギリス、オーストリア、フランスなど数多くの国々でツアーを展開し、輝かしい実績を残しています。

f0156960_1123878.jpg

(ここまではインターネットより引用させていただきました)

今日もボクシーとの、残り少ない一日を過ごそうと思っていてふと、メモを見てコンサートの日だったことを思い出して、危うくチケットを無駄にするところだった。

ウイーン少年合唱団には二回とパリの木の十字架少年合唱団と、ドラケンスバーグ少年合唱団と少年合唱団には興味を持って観に行きました。今日の公演も期待通りの素晴らしいコンサートで、少年がゾロゾロと35名がステージいっぱいに広がり、ピアノとエレキギターと太鼓など楽器も加わりにぎやかなステージになりました。最初は宗教曲から現代曲そして日本の歌、紅葉や
村祭り、花は咲く。
アフリカの少年合唱団らしい歌声 豊かな自然に恵まれたアフリカ 異なる人種の人々 
多種多様な動物その中の合唱団に充分に堪能しました。

20分の休憩をはさんで2部は、歌と手と足と体の動きをステージ全体を使いアフリカの躍動感のあるステージで、角(ツノ)を目当てに密猟され、絶滅の危機に瀕し、深刻な脅威にさらされている動物「サイ」に焦点をあてたプログラムでアフリカの民族楽曲の歌とパフォーマンスを交えた躍動感あふれるステージはすごいものでした。3階席まで満席の観客も総立ちになり手拍子で参加しました。
[PR]
by tetsu807-2 | 2017-07-23 11:58 | Comments(0) |topに戻る
もうすぐ、ボクシーとお別れ
車があるうちに行きたいところを、日記メモを見ながら絞り込むが、行きたいところは遠距離が
多い。しかし遠距離はやめておこうとなると、日中の日帰りとなり、そうなると近郊で行っておきたいところとなり、雷山千如寺を選んだ。
知る人ぞ知る樹齢約400年といわれる楓の大木は福岡県の天然記念物に指定されている。
雷山に登るときは千如寺に遠慮がちに止めさせていただいている。(登山者は遠慮くださいと書いてあるので)紅葉時は何回となく、素晴らしい紅葉を見せていただいているが、昨年は駐車場が満杯で長い長い列ができて待ち時間が2時間と聞いてUターンして帰ったことがあり、今回は久しぶりの雷山千如寺だった。
なんと、素晴らしい緑葉だ、紅葉に勝る緑葉だ。しばしグリーンの楓を違う角度からカメラに収め、拝観へと進んだ。
f0156960_1322196.jpg

f0156960_13244921.jpg

千手千眼を持たれる観音様 身長4m63の大きさに圧倒される。住職が太鼓をたたきながら
お経も唱えながら説明をしてくださった。
f0156960_13291685.jpg

f0156960_1334303.jpg


次に選んだ前原の滝の白糸、近くまではスムースに進んだものの駐車場近くになると、長い長い列で先が見えない中を辛抱強く待ってやっとのことで、白糸の滝に再会してヤマメの定食で腹ごしらえした。
f0156960_14225286.jpg

f0156960_14241318.jpg

f0156960_1425933.jpg

ヤマメが輪を描きながら泳いでいる。その中に釣り糸を垂れている親子の釣り人が多い。結構釣れるものなんだろう?釣竿が1本2000円なのだが夏休みの親子のよいコミュニケーションだ。

[PR]
by tetsu807-2 | 2017-07-19 12:14 | Comments(0) |topに戻る
二見ケ浦の夫婦岩 最後のドライブ
免許証返納が近づくにつれ、車に乗れるうちに行っておきたいところが数えきれないほどある、といっても日数にも限りがあるし、5日よりの福岡大分など九州の記録的豪雨で、濁流に家や車が流され大惨事が起こっている。TVでその映像が引き続いて流されている中でドライブに出かけるのは気後れするが、福岡市は午後から晴れ間も出てきたので、ここは割り切ってスタートした。

西の方に進路をとるときは、出雲大社福岡分院の近くを通りながら通過していたのだが、
今日は参拝に訪れた。
f0156960_14414950.jpg

f0156960_1443121.jpg

     立派な神殿で、神妙に二礼四拍手一礼して参拝した。
f0156960_14443364.jpgf0156960_1445226.jpg
出雲大社福岡分院は縁結びの神、福の神として知られる、出雲大社の祭神で大国主の大神の
分霊を祀る出雲大社の分院として明治28年現在の中央区大手門付近に移し、昭和20年6月
福岡大空襲で罹災しすべての建造物を消失 昭和48年4月現在の福岡市西区今泉町に再建された。

f0156960_1535351.jpg
f0156960_15365888.jpg

ここ、二見ケ浦の夫婦岩は何度となく遊びに来たところで、友人、知人、山仲間などいろんな方と
来たところで想いでもいろいろだ。

コ-ヒーブレークしたいと海側の店に入ってみた。店内は若いカップルや肌を露出した若いピチ
ピチ女の子で、いっぱいだ。じいばあは若い雰囲気を楽しむか、遠慮するかだが、遠慮することにしてコーヒーもそこそこにして出てきてしまった。でも、出てきてから・しまった!!雰囲気を楽しめば少しくらい若返ったかもしれないのに・・・。
f0156960_1662124.jpg

f0156960_167527.jpg

♪この道はいつか来た道・ではなくて、もう来ない道になってしまった。もし、今度来るときは
もうハンドルは握れない、助手席に座って眺めることになるだろう。

[PR]
by tetsu807-2 | 2017-07-09 22:52 | Comments(0) |topに戻る