三瓶山と車中泊の旅7泊8日 19日~
今回も車中泊の旅を思い立った。車中泊の素晴らしいところは宿泊料が無料という経済的は勿論だが、宿泊先を予約しなくて良いことだ。

予約して居れば必ずその日の夕食前に到着しなければならない。その煩わしさがない。絶景に見とれて予定の箇所を回っていない場合でも予約して居れば見切り発車しなけらばならない。近くの道の駅が宿舎で、車の中がベットになる、私流の旅です。

「車中泊」の本も出ていて道の駅は車中泊する車はけっこう多い。したがって安全性は高く、不安はない。
f0156960_13444868.jpgf0156960_14122429.jpg

19日 世界遺産だし一応見ておこうと、石見銀山に向かった。質問攻めにあい説明に汗だくのボランティア
f0156960_1461940.jpgf0156960_14134131.jpg
こんな道を歩くこと4.6キロ これはシンドかったです。
f0156960_14142096.jpgf0156960_14144076.jpg
やっと龍源寺間歩(りゅうげんじまぶ)=坑道に着いた。坑道は薄暗く写真が上手く撮れなかったので・・パスします。
f0156960_14281242.jpg
三瓶山のふもとに着いたのは夜7時ころ、道の駅もなくこの日だけは国民宿舎さんべ荘に投宿した。
20日 三瓶山に登る日、電話がかかったりとスタートが遅れ、
11時頃になった。三瓶山は男(お)三瓶山、女(め)三瓶山、子三瓶山、孫三瓶山、大平山をいう。
全部独立峰だから、登ったり下ったりの縦走だ。全部登ると7時間くらいらしい。私なら8時間はかかるだろう。

f0156960_1447373.jpgf0156960_1451189.jpg

f0156960_14554620.jpgf0156960_14563014.jpg
孫三瓶山  右に見えるのは女三瓶山 女三瓶山はIT関係の鉄塔が立っているが眺望は素晴らしい。
f0156960_155098.jpgf0156960_1564987.jpg

子三瓶山から下って男三瓶山に登りかけると、下ってきた方から今からじゃ無理ですよ・・と言われ、さんべ荘に電話で聞いてみると、やめたほうが良いということで、残念ながら諦めて下ったがけっこう時間がかかった。
f0156960_15153154.jpgf0156960_15162941.jpg
定めの松 西ノ原登山口ここからの登山が一番多いそうだ。
f0156960_1521528.jpgf0156960_1522541.jpg

出雲大社近くの道の駅 きらら多伎  21日   出雲大社
の駐車場ここが今夜のお宿です。
f0156960_15455159.jpgf0156960_1547622.jpg
おみくじがご覧のとおり鈴なり
f0156960_15571891.jpg
         800年前の出雲大社
f0156960_15584184.jpgf0156960_15592074.jpg

      関の五本松                  美保神社
             この後皆生温泉に向かう
f0156960_164711.jpgf0156960_1645325.jpg

 昨夜は道の駅蒜山高原泊   22日 蒜山高原をドライブする
f0156960_1671618.jpgf0156960_1683571.jpg
  ここは是非入りたいと思っていた三朝温泉
        この日は道の駅船屋の里 伊根泊
f0156960_16264045.jpgf0156960_16271080.jpg
 23日  天橋立 とうとうここまで来てしまいました。
f0156960_16373457.jpgf0156960_163822100.jpg

f0156960_16392574.jpgf0156960_1640325.jpg

しっかり股のぞきしてきました      こんなに見えました
 ♪丹後の宮津でピンと出した こんな民謡が聞こえてきました。
                 道の駅ガレリア泊
f0156960_16522999.jpgf0156960_16531263.jpg
24日 京都 嵐山 渡月橋どこの観光地も観光客でいっぱい アジア系の国の言葉がぽんぽんと聞こえる  
           この日も道の駅ガレリア泊
f0156960_174761.jpgf0156960_1744275.jpg
25日 京都に来たら清水寺にはよらにゃなるまい・・・。
f0156960_17101696.jpg
ついでに温泉をもうひとつ 有馬温泉金の湯  道の駅淡河泊
f0156960_17192532.jpgf0156960_1720098.jpg
26日 世界遺産 姫路城9時の開門を前に城の周りを散策して、開門の太鼓を合図に入場
f0156960_17245056.jpgf0156960_17252077.jpg
さすが、世界遺産 何度見ても素晴らしい。
このあと山陽道を550キロ突っ走り、走行キロは1900キロで福岡早良区着
[PR]
by tetsu807-2 | 2008-10-29 17:31 | Comments(0) |topに戻る


<< 平尾台 大平山 貫山     ... 伊豆下田で級友と歓談   10/7~ >>